ニュース

Bluetoothデバイスは健康に害を及ぼしますか?

810views

私たちはついに有線接続が現代的であるのをはるかに超えた段階にあります。 ワイヤレスブルートゥーススピーカーには欠点がありますか? それは私たちの健康と環境に影響を与えますか? 誰が影響を受けやすいですか? 何がもっとうまくできるでしょうか? 探検しましょう!

携帯電話とその絶え間ない使用は、マイクロ波と携帯電話の塔からの放射線の悪影響でニュースになっています。 これは、携帯電話の使用が増え続けることを妨げるものではありませんでした。 Bluetoothスピーカーはマイクロ波でも動作し、ポータブルBluetoothスピーカーの使用が増えると、放射線やマイクロ波にさらされるリスクが高まるだけです。

ブルートゥース接続の利点:

現代は、ますます多くのデバイスの使用を意味しています。 有線接続の時代は、Bluetooth接続の容易さでほとんど忘れられています。 音楽を聴いたり、電話に出たり、電話をかけたり、デバイスを同期したりすることは、データが最重要であり、オーディオ、ビデオ、拡張現実と仮想現実が事実であるアクティビティベースのライフスタイルにおける今日のモットーです。 有線接続を介してこれを行うことを想像してみてください! ブルートゥーステクノロジーは、本当に最近の最も強力なイノベーションです。

マイナス面:

すべての発明には、改善すべき何かがなければなりません。 ブルートゥーススピーカーとその使用の増加の場合、差し迫った健康被害は短所です。 ブルートゥーススピーカーの使用により増殖するマイクロ波により、環境と個人の健康を危険にさらしている可能性があります。 次に、悪化する可能性のあるいくつかの病気について簡単に説明します。

脇見運転: 音楽やそのような気晴らしは、交通安全や他の仲間の安全を無視しながら、危険な気晴らしであることが証明されています。

耳の痛みと難聴:85デシベルレベルを超える音は、難聴やその他の耳に関連する問題を引き起こします。 特に子供や大音量の​​大音量の音楽を頻繁に聴くのが好きな人にとっては、注意が必要です。 ほとんどの場合、難聴は元に戻せません。

体重増加: 研究と医学研究は、放射線と電磁界が血液循環を遅くし、細胞機能を妨害し、体重増加につながることを示しています。 これは、脱毛、高血圧、免疫力の低下などの関連する問題の始まりにすぎません。

がんと白血病: 塔や電磁界からの放射線は、体の免疫力を暗黙のうちに低下させます。 携帯電話やブルートゥーススピーカーなどを使用することで、私たちの周りの目に見えない磁場が変化します。 そのようなデバイスの横行使用によるマイクロ波放射への曝露は、私たちにとってうまくいきません。

他の病気への影響: アルツハイマー病、先天性欠損症、片頭痛、流産、および免疫障害は、短距離の急速に振動するマイクロ波放射への曝露の増加による危険因子として医学研究によって関連付けられています。

結論として、シナリオは恐ろしいように聞こえますが、テクノロジーの適切な使用は進化し、マイクロ波放射によるリスクを軽減するはずです。 私たちはまだ初期段階にあり、健康被害を証明するための確認された研究はありません。

したがって、予防は治療よりも優れているという古い格言は、ブルートゥーススピーカーの健康上のリスクに当てはまります。 責任を持って本発明を上手に使いましょう。 知識はエンパワーメントであり、私たちは自分自身と環境のためにブルートゥーススピーカーを使用しながら少し努力する必要があります。

Leave a Response

*